FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉を抜かれる

親のことを書くと作り話みたいに思われるので省いたのですけど、
私のタマ抜きを依頼した人が親なんです。
親と言っても血のつながらない養父ですが。

始まりもきっかけもなく、もう強制的です。
最初に養父のものをしゃぶらされたのが11歳、
犯されたのが14歳です。
その直後から、少年愛の男たちの相手をしてました。

今、思うと、児童虐待もいいとこです。
よく自殺しなかったなと思いますが、
子供の頃からそういう環境になってしまうと、
それほどひどいことをされてるとは思わないんですね。
実際、自分でも気持ちいいわけですから。
慣れって恐ろしいです。


身体の発育が遅かった私も、さすがに18歳になって
大人の男の身体に近づいてきて、
養父はそれが嫌だったのだと思います。
養父としては、私を女にするつもりで女性ホルモンを注射したり、
タマ抜きしたのではないと思います。
大人の男にしたくなかったのでしょうね。

それなのに、私の方が、タマ抜きを機会に女になる方向に
走っちゃって、養父としては誤算だったのかもしれません。
その証拠に、豊胸手術や女の格好で過ごすことは許しても、
ペニスを取って造膣するのは許してくれませんでした。

私がそっちの手術をしたのは、養父の元を離れて自立した後
のことです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。